だし巻きコッペ

[材料]4人分

コッペパン 4個(60g/個)
バター(有塩) 大さじ1
マヨネーズ 大さじ1

<だし巻き卵>(幅13㎝×長さ19㎝の卵焼き器1個分)
卵 4個
だし 1/2カップ
(削りかつお小1パック(3g)に熱湯100?を注ぎ、10秒おいてこす。)
{A}
砂糖 大さじ1
片栗粉 小さじ1
塩 小さじ1/4
しょうゆ 1~2滴

サラダ油 適量

[作り方]
1) <だし巻き卵>
① ボウルにだしを入れ、人肌程度に冷まし、{A}を加えて混ぜる。
② 卵を割りほぐし、①を加えて混ぜる。
③ 卵焼き器に油を5㎜深さ流して温めてから器にあけ、ティッシュ2枚を丸めて油に浸し、
油を卵焼き器に流れるくらい塗り、②をお玉1杯分流し入れる。
④ 卵焼き器を揺すりながら箸で卵液をかき回す。半熟状になったら2~3回折って手前に寄せる。
へらやターナーを使って返してもよい。
⑤ 空いた鍋肌に油を塗り、卵を向こう側に寄せ、手前にも油を塗り、②を流す。
⑥ 箸を卵の下に差し込み、卵焼き器を奥が低くなるように傾けて、②を卵の下に流す。
これを数回くり返すと、卵焼きの厚みが増す。卵液が少し残った段階で、
手前に二つ折りにして奥に寄せる。
⑦ ②がなくなるまで⑥をくり返し、最後は、すだれをかぶせて逆さに取り出し、
輪ゴムで留め、1分ほど落ち着かせる。

2) コッペパンに切り込みを入れて開き、下面に軟らかくしたバターを塗り、
切り分けた{1}をのせ、マヨネーズを絞り、上のパンをかぶせる。

最速! 卵サンド

[材料]1人分

食パン(サンドイッチ用薄切り)2枚
ソフトマーガリン 4g(小さじ1)
卵 1個
マヨネーズ 大さじ1

[作り方]

1) 耐熱のミニボウルに水大さじ1を入れ、卵を割り入れ、卵黄の膜を箸で3カ所突く(破裂防止)。
ふたまたはラップをして電子レンジの中央に置き、500Wで1分、600Wで50秒加熱する。
5回くらいパンパンとはじけるが、驚かないこと!
2) 取り出して湯を捨て、フォークで細かくつぶし、マヨネーズを加えて混ぜる。
3) 食パン2枚の内側にマーガリンを塗る
(マーガリンを塗ると味がよくなり、具の水分がしみ込みにくくなる)。
4) {3}に{2}をはさみ、4つに切り分ける。

ボンボローニ

[材料]10個分
ホットケーキミックス粉 140g
ドライイースト 小さじ1/2
牛乳 75ml
オリーブ油 小さじ1
揚げ油、粉糖、打ち粉用強力粉 各適量
粉糖 適量
[作り方]
1) 耐熱容器に牛乳を入れ、オリーブ油、ドライイーストを合わせ、ホットケーキミックス粉の1/3を加えて滑らかになるまで混ぜる。残りの粉も加えて混ぜる。
2) 電子レンジ弱(150~200W)または解凍キーで30秒加熱する。
3) ふたをして温かいところに2倍に膨らむまでおく。
4) 10等分し、それぞれを丸めてから平らにする。
5) 揚げ油を160℃に熱し、{4}を入れてきつね色になるまでゆっくり揚げ、油を切る。
6) 粉糖を入れたポリ袋に{5}を加え、口を閉じて振ってまぶす。

プチパン

[材料]
6個分

強力粉 100g
牛乳 75ml
バター 小さじ2
塩 小さじ1/5
砂糖 大さじ1
ドライイースト 小さじ1
打ち粉用の強力粉 適量

[作り方]
【1】700ml程度の耐熱樹脂容器に牛乳とバターを入れ、ふたをしないで、電子レンジ600Wで20秒加熱し、人肌程度に温める。
★樹脂容器は軽量なので、温まりかたが早い。耐熱ガラスボウルの場合は、時間を長くする。

【2】とり出して、泡立て器でバターを溶かす。
牛乳を温めるのは、バターが溶けやすくなり、イーストが活性化しやすくなるため。
このとき、牛乳が人肌(37℃)以上になったら、少し冷ます。
塩、砂糖、ドライイーストを加え、30秒ほどおく。
強力粉の1/3量を加えて、はしでなめらかになるまで混ぜる。

【3】残りの強力粉を加えて、ひとかたまりになるまで、はしで混ぜる。

【4】電子レンジ弱(150~200W)で30秒または強(600W)で10秒加熱し、弱い刺激を与える。
これで一次発酵終了。

【5】とり出してふたをのせ、室温に約10~20分、生地が2倍にふくれるまでおく。(ベンチタイム)

【6】打ち粉をしたまな板に生地をとり出し、下を返して全体に打ち粉をつけ、ゴムベラで押さえてガス抜きをする。

【7】生地を6等分し、切り口を中に巻き込むようにして丸く形を整え、閉じ目は指先でつまんでしっかり合わせる。

【8】クッキングシートをしいた耐熱皿に【7】をのせ、電子レンジ弱(150~200W)で30秒または強(600W)で10秒加熱し、弱い刺激を与える。

【9】クッキングシートごと天板に移し、等間隔に生地を並べ、上からもクッキングシートをかけ、その上に水で濡らしたペーパータオルをかぶせ、室温に2倍の大きさになるまで10分ほどおく。(ベンチタイム)

【10】【9】の上側のクッキングシートとペーパータオルをはずし、茶こしで表面に軽く強力粉をふって、180℃に温めたオーブンで12~15分焼く。

★オーブントースターで焼くとき★

1.天板にホイルをしいて、2回目の電子レンジ発酵を終えたパン生地を並べる。
上からもホイルをかぶせる。

2.強で15分焼く。全体が2倍にふくらみ、軽く焼き色がついたら、
ホイルをはずし、好みの焼きかげんになるまで1~2分焼いて取り出す。

オーブントースターのパン焼きの一番のポイントは、はじめからホイルをかぶせて焼きはじめること。

ウインナーロール

[材料]
長さ8cmのもの8個分

<パン生地>
強力粉 100g
牛乳 75ml
バター 小さじ2(8g)
塩 小さじ1/5(1g)
砂糖 大さじ1(9g)
ドライイースト 小さじ1(4g)

打ち粉用の強力粉 適量
バジル(ドライ) 小さじ1
ウインナー 8個

[作り方]
【1】直径14cmの耐熱樹脂容器に牛乳とバターを入れ、ラップをかけずに、電子レンジ600Wで20秒加熱し、人肌程度に温める。

【2】とり出して、泡立て器でバターを溶かす。
ドライイースト、塩と砂糖、バジルを加え、はしで混ぜる。
強力粉の1/3量を加えて、なめらかになるまで混ぜる。

【3】残りの強力粉を加えて、はしで混ぜる。
はしで持ち上げたとき、ひとかたまりになればよい。

【4】電子レンジ弱(150~200W)で30秒かけて、弱い刺激を与える。
これで一次発酵終了。

【5】打ち粉をしたまな板にとり出し、ゴムべらで押さえてガス抜きをし、8等分し、丸く形をととのえる。

【6】めん棒で5×8cmにのばし、ウインナーをのせる。
生地をよせて包み、合わせ目はしっかりとじる。

【7】クッキングシートをしいた耐熱皿にのせ、電子レンジ弱(150~200W)で30秒かけて弱い刺激を与える。

【8】下にしいたクッキングシートごと天板に移し、間隔をあけて並べる。
上もクッキングシートをかけて、水で濡らしたペーパータオルをかけ、温かいところに約10分おいて、2倍の大きさにふくらませる。

【9】表面に軽く打ち粉をふる。
サラダ油をつけたナイフの先で斜めに3本切り目を入れる。

【10】200℃に温めたオーブンで15~20分、きつね色になるまで焼く。

プチバーガー

[材料]
8個分

強力粉 100g
牛乳 75ml
バター 小さじ2
塩 小さじ1/5
砂糖 大さじ1
ドライイースト 小さじ1
打ち粉用の強力粉 適量
プチハンバーグ(冷凍・焼いたもの) 8個
とき卵 少量
トマトケチャップ 少量

[作り方]
【1】700ml程度の耐熱樹脂容器に牛乳とバターを入れ、ふたをしないで、電子レンジ600Wで20秒加熱し、人肌程度に温める。
★樹脂容器は軽量なので、温まりかたが早い。耐熱ガラスボウルの場合は、時間を長くする。

【2】とり出して、泡立て器でバターを溶かす。
牛乳を温めるのは、バターが溶けやすくなり、イーストが活性化しやすくなるため。
このとき、牛乳が人肌(37℃)以上になったら、少し冷ます。
塩、砂糖、ドライイーストを加え、30秒ほどおく。
強力粉の1/3量を加えて、はしでなめらかになるまで混ぜる。

【3】残りの強力粉を加えて、ひとかたまりになるまで、はしで混ぜる。

【4】電子レンジ弱(150~200W)で30秒または強(600W)で10秒加熱し、弱い刺激を与える。
これで一次発酵終了。

【5】とりだしてふたをのせ、室温に約10~20分、生地が2倍にふくれるまでおく。(ベンチタイム)

【6】打ち粉をしたまな板に生地をとり出し、下を返して全体に打ち粉をつけ、ゴムベラで押さえてガス抜きをする。

【7】生地を8等分し、切り口を中に巻き込むようにして丸く形を整え、閉じ目は指先でつまんでしっかり合わせる。
めん棒で7cm直径にのばす。
生地に冷凍プチハンバーグをおく。

【8】クッキングシートをしいた耐熱皿に【7】をのせ、電子レンジ弱(150~200W)で30秒または強(600W)で10秒加熱し、弱い刺激を与える。

【9】クッキングシートごと天板に移し、等間隔に生地を並べ、上からもクッキングシートをかけ、その上に水で濡らしたペーパータオルをかぶせ、室温に2倍の大きさになるまで10分ほどおく。(ベンチタイム)

【10】とき卵を生地の表面にぬり、180℃に温めたオーブンで12~15分焼く。

【11】とり出して、トマトケチャップを渦巻き状に絞り出すと、かわいいし、おいしい。

★オーブントースターで焼くとき★

1.天板にホイルをしいて、2回目の電子レンジ発酵を終えたパン生地を並べる。上からもホイルをかぶせる。

2.強で15分焼く。全体が2倍にふくらみ、軽く焼き色がついたら、ホイルをはずし、好みの焼きかげんになるまで1~2分焼いて取り出す。

オーブントースターのパン焼きの一番のポイントは、はじめからホイルをかぶせて焼きはじめること。

あんパン

[材料]
4個分

強力粉 100g
牛乳 75ml
バター 小さじ2
塩 小さじ1/5
砂糖 大さじ1
ドライイースト 小さじ1
打ち粉用の強力粉 適量
あん(市販品) 120g(4等分して丸める)
とき卵 少量
けしの実 少量

[作り方]
【1】700ml程度の耐熱樹脂容器に牛乳とバターを入れ、ふたをしないで、電子レンジ600Wで20秒加熱し、人肌程度に温める。
★樹脂容器は軽量なので、温まりかたが早い。耐熱ガラスボウルの場合は、時間を長くする。

【2】とり出して、泡立て器でバターを溶かす。
牛乳を温めるのは、バターが溶けやすくなり、イーストが活性化しやすくなるため。
このとき、牛乳が人肌(37℃)以上になったら、少し冷ます。
塩、砂糖、ドライイーストを加え、30秒ほどおく。
強力粉の1/3量を加えて、はしでなめらかになるまで混ぜる。

【3】残りの強力粉を加えて、ひとかたまりになるまで、はしで混ぜる。

【4】電子レンジ弱(150~200W)で30秒または強(600W)で10秒加熱し、弱い刺激を与える。
これで一次発酵終了。

【5】とり出してふたをのせ、室温に約10~20分、生地が2倍にふくれるまでおく。(ベンチタイム)

【6】打ち粉をしたまな板に生地をとり出し、下を返して全体に打ち粉をつけ、ゴムベラで押さえてガス抜きをする。

【7】生地を4等分し、切り口を中に巻き込むようにして丸く形を整え、閉じ目は指先でつまんでしっかり合わせる。
めん棒で直径10cmの円形にのばす。
あんをのせて、まわりを寄せて合わせ目をしっかりつける。

【8】クッキングシートをしいた耐熱皿に【7】をのせ、電子レンジ弱(150~200W)で30秒または強(600W)で10秒加熱し、弱い刺激を与える。

【9】クッキングシートごと天板に移し、等間隔に生地を並べ、上からもクッキングシートをかけ、その上に水で濡らしたペーパータオルをかぶせ、室温に2倍の大きさになるまで10分ほどおく。(ベンチタイム)

【10】上側のクッキングシートとペーパータオルを除き、表面にとき卵をうすく刷毛でぬり、けしの実を中央にのせる。

【11】180℃に温めたオーブンで12~15分焼く。

★オーブントースターで焼く★

1.天板にホイルをしいて、2回目の電子レンジ発酵を終えたパン生地を並べる。上からもホイルをかぶせる。

2.強で15分焼く。全体が2倍にふくらみ、軽く焼き色がついたら、ホイルをはずし、好みの焼きかげんになるまで1?2分焼いて取り出す。

オーブントースターのパン焼きの一番のポイントは、はじめからホイルをかぶせて焼きはじめること。

ハムチーズロール

[材料]
直径10cmのもの4個

強力粉 100g
牛乳 75ml
バター 小さじ2
塩 小さじ1/5
砂糖 大さじ1
ドライイースト 小さじ1
打ち粉用の強力粉 適量
カレー粉 小さじ1/4
ハム(薄切り) 4枚
ピザ用チーズ 50g
パセリ(みじん切り) 大さじ2
打ち粉用強力粉 適量

[作り方]
【1】700ml程度の耐熱樹脂容器に牛乳とバターを入れ、ふたをしないで、電子レンジ600Wで20秒加熱し、人肌程度に温める。
★樹脂容器は軽量なので、温まりかたが早い。耐熱ガラスボウルの場合は、時間を長くする。

【2】とり出して、泡立て器でバターを溶かす。
牛乳を温めるのは、バターが溶けやすくなり、イーストが活性化しやすくなるため。
このとき、牛乳が人肌(37℃)以上になったら、少し冷ます。
塩、砂糖、ドライイーストを加え、30秒ほどおく。
強力粉の1/3量を加えて、はしでなめらかになるまで混ぜる。

【3】残りの強力粉を加えて、ひとかたまりになるまで、はしで混ぜる。

【4】電子レンジ弱(150~200W)で30秒または強(600W)で10秒加熱し、弱い刺激を与える。
これで一次発酵終了。

【5】とりだしてふたをのせ、室温に約10~20分、生地が2倍にふくれるまでおく。(ベンチタイム)

【6】打ち粉をしたまな板に生地をとり出し、下を返して全体に打ち粉をつけ、ゴムベラで押さえてガス抜きをする。

【7】切り口を中に巻き込むようにして丸く形を整え、閉じ目は指先でつまんでしっかり合わせる。

【8】めん棒で10×25cmにのばす。
表面に刷毛で水をぬり、カレー粉をふり、ハムを並べ、チーズとパセリを散らす。
くるくると巻き、巻きおわりを指でつまんで閉じる。4つに切りわける。
中央の部分は、切り口の一方の生地をよせて閉じる。そのあと切り口を上にして、手のひらで押さえる。指で生地を広げて、焼いたとき生地や具に十分熱が通るようにする。

【9】クッキングシートをしいた耐熱皿に【8】をのせ、電子レンジ弱(150~200W)で30秒または強(600W)で10秒加熱し、弱い刺激を与える。

【10】クッキングシートごと天板に移し、等間隔に生地を並べ、上からもクッキングシートをかけ、その上に水で濡らしたペーパータオルをかぶせ、室温に2倍の大きさになるまで10分ほどおく。(ベンチタイム)

【11】180℃に温めたオーブンで12~15分焼く。

★オーブントースターで焼くとき★

1.天板にホイルをしいて、2回目の電子レンジ発酵を終えたパン生地を並べる。上からもホイルをかぶせる。

2.強で15分焼く。全体が2倍にふくらみ、軽く焼き色がついたら、ホイルをはずし、好みの焼きかげんになるまで1~2分焼いて取り出す。

オーブントースターのパン焼きの一番のポイントは、はじめからホイルをかぶせて焼きはじめること。

りんごのライ麦パン

[材料]
8cm×8cmのもの 4個分

<ライ麦パン生地>
強力粉 80g
細挽きライ麦粉 20g
牛乳 75ml
バター 小さじ2(8g)
塩 小さじ1/5(1g)
砂糖 大さじ1(9g)
ドライイースト 小さじ1(4g)

打ち粉用の細挽きのライ麦粉 適量
りんご(紅玉) 1個
砂糖 大さじ2
レモンの絞り汁 大さじ1/2
スライスアーモンド 小さじ2
グラニュー糖 少々

[作り方]
【1】りんごは、1/4個は皮つきのまま、残りは皮をむき、しんをとり、幅5mmのくし形に切る。耐熱ボウルに移し、砂糖とレモン汁をかける。
両はしを少しあけてラップをして、電子レンジ600Wで2分加熱。
ラップをはずして1~2分加熱して煮つめて冷ます。

【2】直径14cmの耐熱樹脂容器に牛乳とバターを入れ、ラップをかけずに、電子レンジ600Wで20秒加熱し、人肌程度に温める。
とり出して、泡立て器でバターを溶かす。
ドライイースト、塩と砂糖を加え、はしで混ぜる。
強力粉の1/3量を加えて、なめらかになるまで混ぜる。
残りの強力粉を加えて、はしで混ぜる。
はしで持ち上げたとき、ひとかたまりになればよい。

【3】打ち粉をしたまな板に生地をのせ、ゴムべらで生地を押さえてガスを抜き、4等分し、それぞれ丸める。

【4】生地1個を直径12cmの円形にのばし、両端1/3ずつを内側に折りかえして重ね、残りの両端も内側に折りかえして押さえる。
細長く形がととのったら、【1】のりんご1/4量をのせて、左右の生地を寄せて指でつまんでとじる。
上下をかえし、両手にはさんで形をととのえる。

【5】耐熱皿にクッキングシートをしいて【4】をのせ、電子レンジ弱(150~200W、又は解凍キー)で30秒加熱する。

【6】【5】の生地を天板にクッキングシートごと移し、クッキングシートをかぶせ、水で濡らしたペーパータオルをかぶせ、2倍にふくらむまで、温かいところに10?20分おく。

【7】茶こしで打ち粉を軽くふって、ナイフの先にサラダ油をつけて、中央に1本切り目を入れる。スライスアーモンドをのせて、グラニュー糖をふりかける。

【8】200℃に温めたオーブンで切り目がはじけるように開き、もりあがった生地が充分きつね色になるまで15~20分焼く。